要件定義しましょう

要件定義の資料を読んでいてびっくりしたんですが、コンピューターシステムを作るときに要件定義をしないでものを作る業者さんがいるそうですね。

要件定義とは、顧客の要求を文書にして顧客と業者の間で合意をとりかわすものです。顧客にはシステムに詳しくない人もいて、システム上の制約がわからない方もいるからです。

要件定義しないとどうなるでしょう?顧客が当初の要求でない機能を次々と追加要求してくる可能性があります。業者側は、コストが限られているし、システム上の制約もあり、それらの追加機能をすべて実現することはできないのです。要件定義していれば、資料として証拠が残っていますから、書いていない機能は作れないと断ることができます。

また、業者の中でも、複数の人間が集まってシステムを作ることが多いです。または、下請けの業者と分担することもありえます。それらの意思を統一するためにも、システム全体を定義する要件定義を作っておく必要があります。システム定義書を書く時にも、お手本となる要件定義書があれば簡単に書けます。

要件定義しない業者の理由は、受注金額が少ないから、時間がないから、などがあると思います。しかし、そのような理由で要件定義をしないと、後々顧客から追加の要求が来て、それを実現しているとコストがかかったり、時間も多くかかることが考えられます。

また、要件定義を顧客とよく話し合って決めないと、顧客にも困ることがでてきます。顧客にとって「あって当たり前」の機能をつい業者に言わないで「相手もわかっているだろう」で済ましてしまって、いざシステムが出来上がったときに、その機能が抜けていてシステム自体が使い物にならないということになってしまいます。

また、顧客の業界で「暗黙の了解」であることが、業者側にはわからないことがよくあります。そのようなことまで業者側にわかってないと、システムは作れません。中には顧客の社外秘のような内情まで開示してもらわないと、顧客の望むシステムにはならない場合もあるかもしれません。

このように、要件定義をしてこそ、潤滑な顧客との関係、システム開発が可能なのです。顧客との信頼関係を保つためにこそ、契約書と対で要件定義書にお互いの判を押しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です