35歳定年説について


ITの世界には、35歳定年説というのがあるのだそうですね。確かに、プログラミングや新しい技術の理解度については、若い人の方が早く理解できるのかもしれません。40歳の人に、30歳の人と同じプログラミングをしろと言われれば、時間がかかるのかもしれません。

でも、IT技術者にとって、プログラミングや新しい技術の習得が全てでしょうか?違いますよね。顧客との折衝、プログラム仕様書などの文書の書き方、プレゼンテーション技術などの習熟、などが若い人とは違います。もちろん、新しい技術の習得は必要ですが、その全てを習熟するひつようはありません。主要な技術を学んで、新しい仕事に必要かどうか、判断し決断する技術さえあればいいのです。

なにも、プログラミング技術だけが全てではないのです。若い人は、自分の方が先輩より早くプログラムが書けるからというだけで、先輩を見下ろしてはいけません。顧客とのせっしょうにおいて、あなたは顧客をうなずかせるだけの話ができますか?プレゼンテーションにおいて、話の流れをつまずかず、流れるように聴衆を納得させられますか?そういったものは、年齢とともに得られる経験がものをいうものです。若い人なりに話ができたとしても、決して相手を納得させられるものではないのです。

プログラマー、SE、研究者、IT分野にはいろいろな仕事がありますが、なり立てでなんでもできるものではないのです。年齢とともに習得する経験というものがあります。私は研究者でしたが、最初はプログラミングが主な仕事でしたが、平行して顧客に技術の説明をしたり、プレゼンテーションをする仕事もありました。技術が成熟していくと、特許明細書を書いたり、学会論文を書いたり、数百人の聴衆を前に学会発表をしたりしました。初めは失敗もしましたが、経験を積むにつれ、だんだん上手になっていきました。PowerPointなどの文書の作成もだんだんと上手になっていきました。

何を言いたいかというと、若い人でないとできない仕事もあるが、経験を積んで年齢を重ねないとできないと仕事もあるということです。年寄りだからといって、なめんなよ、と言いたかったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です